RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

IL moon の写楽

庭に咲く花
0
    毎年のように写真を撮ってしまう「ニラバナ」
    「ハナニラ」とも言い、「イフェイオン」とも呼ばれる。
    ユリ科の多年草というだけあって、毎年沢山咲いてくれる花です。


    「スイセン」は鉢植えのが終わってしまったのですが、
    路地のものは元気がいい。


    種類がいろいろあって、詳しく調べようとしていないILです。


    葉が細いのですが、これもスイセンの仲間みたいです。(推測ですが)


    それから、どうも植物名を同定できなくて、言いきれないのです。
    葉や花の形を見ていると、分類での要素に欠けるのだけれど、
    ユキノシタの仲間に思えてしまうのです。
    「ベルゲニア」、「ヒマラヤユキノシタ」とも呼ばれる花ではと・・。
    ルーペでしっかり特徴を調べておかないと、比較できないですね。

    | | 11:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    萌える花&芽
    0
      法要といえば、一年忌の次は三回忌のようだけれど、
      親父が亡くなって二年になるので、お寺での法要に行き
      お墓参りをしたのでした。
      二年前の三月二日、この日も晴れた良い天気でしたよ。
      庭には花がいっぱい咲いていましたね。

      今年も、実家の庭には花や新芽が萌えていました。
      「ジンチョウゲ(沈丁花)」が咲き、


      「ボケ」も咲き、
      この木は私が小学生のときにうえたものだから、樹齢からすると50年程かな。


      白色の「ボケ」も綺麗だ。
      ボケはサ試技でも増えるから、枝を剪定した後は挿し木にして、
      近所の方にあげている。


      大きく育った木になってしまって、撮るときトゲが刺さり、
      痛い思いしての写真になってしまった。


      「ヒサカキ」(ツバキ科)も花が開いています。
      放置しておくと、ズンズンと徒長してしまって
      剪定には大きな脚立が必要なのです。
      バッサリと切ってしまいたいのだけれど、
      「サカキ」の代用品として枝が欲しい方に取ってもらっています。


      こちらも大きくなる「アジサイ」なのですが、
      手が届く高さに剪定しているので、程良い大きさではあります。
      剪定した枝の脇から新芽が開き、
      春の陽射しを浴びようと伸び始めました。


      庭木の下の陰には、シダの仲間のタセンシダ科「オオタニワタリ」が
      新しい葉っぱが丸まっています。
      新芽は食用にされるとも図鑑に紹介されてしましたが、どうでしょう?
      ワラビとかゼンマイみたいな料理法になるのでしょうかね。
      う〜ん・・・食糧難に備えての保存食になるかな?
      試してみるには、まだ至りませんが・・・。
      | 植物 | 10:18 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      ちぎったのはいいけれど。
      0
        キッチンで手間かけて取っていたのは、金柑の種。
        金柑を横切りにして、種を取ったのです。
        これから、水を入れ火にかけて沸騰させたら、
        いったんアク抜きとして、湯を捨てて
        再度煮たてようと思うのです。
        もちろん砂糖を入れてね。


        この金柑は、実家の庭になっていたのを、ぜ〜んぶちぎったのです。
        小さいながらも、結構なっていましたよ。


        でもね、、、、ごめ〜ん
        ちぎった後に・・・「ヒヨドリ」さんが二羽。
        ない ナイ ない〜っ チチチチッ
        | 食べ物 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        前夜
        0
          前夜
          3月1日が満月とか。
          二月の最終日です。
          次の満月のときは、もっと鮮明に撮れるといいけれど・・・。
          300mmレンズで撮った後、トリミング処理しました。
          それにしても、はや弥生ですよ。
          あ〜ぁ、今年も六分の一が経過してしまう。
          これじゃいかん!このままじゃいかんとよ!
          | 風景・情景 | 22:55 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
          卓球?
          0
            Ю―(^O^ )ピンポ〜ン♪
            ピンポ〜ン===ピンポン===卓球===宅急
            宅配便でした。
            買い物に出るのも面倒だし、店を探すのも面倒。
            ネット販売品の購入で配達されてきました。
            ブルルルル〜ン 音波歯磨きのブラシです。
            これで、( ^0^)☆〜ピカーッ♪ ははははは
            | 身の回り | 21:58 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
            あご乗せ
            0

              クリックで拡大⇒

              自転車で外出ができなくて、写真がない。
              こんなときは、我家のワンコが役者だよ。
              「ワンを撮って〜♪」とカメラ視線。
              「くこ」は単独行動で、どこやらでイタズラしているか? 日向ぼっこ?
              「みいこ」が椅子の上で寝ていると、
              「みり」が飛び乗って来て、添い寝です。
              やれやれ、「みり」はヤンチャさん。
              「みいこ」を後ろ足で蹴飛ばしているのだもの・・。
              それにしても、パグ犬の共通点だね。
              「あご乗せ」での寝姿 この方が寝やすいのかねぇ〜
               
              | 我が家のワンコ | 21:00 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
              護る
              0
                先日、ひょいとつけたTVで流れていたのは、「高鍋大師」です。
                以前に知人から聞いていたのに、TVで見るまでは関心がなかった。
                単に話で聞くのと、TVの解説付きで見るのとでは大違い。
                ならばと、一見にしかず。向かったのが高鍋町の台地。
                車の離合さえ困難な狭い道を登って行くと、
                台地のそこらに「古墳」が散在していているのです。
                「持田古墳群」で、国指定史跡となっていて、
                4世紀から6世紀にかけて作られた85基の古墳だという。
                この台地上に前方後円墳9基、円墳66基があり、私有地の畑中にあります。




                クリックで拡大⇒

                さらに、枯葉の舞い落ちた狭い道を進むと、
                国道から見えていた「石像」が台地の一角でそびえていました。








                 ←クリックで拡大

                これらが「高鍋大師」です。






                クリックで拡大⇒
                石像は観音像や神話の神々をはじめ、個性豊かな大小約700体です。





                 ←クリックで拡大
                微笑ましいですよね。










                クリックで拡大⇒
                こちらには、亀さんですよ。








                 ←クリックで拡大
                それに、水戸黄門ご一行様・・
                ユニークです。








                 クリックで拡大⇒

                7メートル級の巨像九体が、
                見る者を圧倒します。
                石像群を制作したのは故岩岡保吉氏。
                香川県から移住し1933(昭和8)年に開山され、素人が半生を懸けて彫り上げられた作品群です。
                古墳での盗掘に心を痛めた岩岡氏が、古代人の霊を慰めようと作られたのです。
                台地の上から高鍋の町に向かって立っている十二面薬師。背後の丘も古墳です。

                その十二面薬師を下から見上げると、お月さまが明るくなって来ていましたよ。
                夕方になりつつある「高鍋大師」でした。

                | 風景・情景 | 15:01 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
                海も本番に向けて
                0
                  一昨日、日向市に出かけた。
                  用事が終わって、昼食が17時前。朝食を摂らずの昼食でかなり不規則だ。
                  帰り道の、国道10号線 日向市平岩
                  金ヶ浜ドライブインに入った。
                  ここのドライブインは安くて、旨いとクチコミもある。
                  以前にも、数回行った店だ。


                  食事を済ませ駐車場に出ると、海が目の前だ。
                  きれいだね。
                  ゴムの木があって、この時季には枯れているバナナが写ってしまった。


                  お〜っ サーフィンをやっているよ。夏だ!
                  金ケ浜海水浴場(かねがはま)なのだけれど、
                  日本有数のサーフスポットだという。
                  眺めているだけでも楽しいね。


                  高い波を求めて来る人たちが多くなるのだろうな。
                  近くにドライブインのほかにサーフショップ、コンビニもあるし、
                  新鮮な磯料理が美味しい民宿も多い。オートキャンプ場もあるしね。
                  | 風景・情景 | 11:57 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
                  図形
                  0
                    一昨日、鹿児島県霧島市隼人町に出かけた。
                    やはり仕事がらみだけれど。
                    ここは、「ホテル京セラ」
                    アトリウム(建物内部に設けられた中庭風の広場)のカフェレストラン。
                    上部空間を見上げると、建築物の美しさを感じてしまった。


                    ホテル部屋側の上部も面白い。
                    コーヒーを飲みながら、自然環境の問題が話題となった。
                    仕事のことを後回しにしてね。


                    | その他 | 08:56 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                    人に 犬にも楽園
                    0
                      大淀川の河川敷は、サイクリング゙ロードがあり、
                      ジョギングやワンコ連れの散歩の方々が多いのです。
                      自転車でスピードを上げて走るには気配りが必要な場所。
                      通常が時速20キロで、
                      平坦地では30キロを超してのスピードなんだ。
                      人の姿が見えると、ブレーキをかけなきゃね。
                      「ゆっくり走ろう宮崎」だよ。


                      堤防の長く続く桜並木は、まだ蕾
                      膨らんでいるかと期待して行ったのに、咲くのは先のようだ
                      「ソメイヨシノ」なのだけれどね。


                      | 風景・情景 | 09:26 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |