RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

IL moon の写楽

2010年 元旦
0
    新年 明けまして おめでとうございます

    昨年は ブログを通じまして 沢山の喜びをいただきました
    真にありがとうございます

    本年も 
    よろしく 
    お付き合いのほど 
    よろしくお願い申し上げます





    太平洋(日向灘)を望む 宮崎市臨海公園の展望所から撮影いたしました。
    雲がかかっていましたので
    雲を赤く染めながらの ご来光になりました。

    皆々様には すばらしい弥栄の年になりますよう
    お祈り申し上げます
    | 風景・情景 | 11:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    大晦日の満月
    0
      2009年12月31日
      ILmoonの写楽に お越しいただき、さらにはコメント賜りました皆様方に厚く感謝申し上げます。


      2010年 いかなるブログへと展開するかは定かではありませんが、
      感謝を深めてまいります。

      なにとぞ、今後も宜しくお願い申しあげます。

      大晦日の夜空に輝いています、満月を撮影しました。

      皆さん方にとりまして、まん丸く輝く年をお迎えいただきますよう
      お祈り申し上げます。

      | 風景・情景 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      さらばじゃ・・・
      0
        2009年3月に閉校した、宮崎市立去川( さるかわ)小学校だ。
        2008年度の児童数は14人。
        第1・3学年の児童数はゼロで今後も児童数の増加が見込めないことから
        廃校になった小学校だ。
        宮崎市から都城市への移動につき、通った国道10号線沿いの去川小学校
        に立ち寄ったのだ。ここは宮崎県宮崎市高岡町内山
        なぜ、立ち寄ったかは、同行者たちが宮崎市在住ながら見たことがない
        というので、では行ってみようということになったのだ。

        去川小学校から500m先に
        そびえる銀杏の木だ。
        学校の入り口に行くと、
        私は、校庭で自転車に乗っていた児童に道を確認して歩いて向かう。
        その子は自転車に乗って、自動車の通れない上り坂を私と一緒に向かった。
        その子とは500mの距離ではあったが、
        学校は他の所へ通うようになったこと。
        イチョウの木の実を拾いにいったこと。
        自分の家(うち)は、イチョウとは反対の方だってこと。
        私、「冬休みだよね。学校で遊んでたんだ!?」
        児童、「そう! ナグリに来たんけど、だれも来ていなかった」
        私、「ナグリ? ケンカか?」
        児童、「遊びだよ 学校は別の学校に行くんだよ。ここには誰も来ない」
        おかしな、ちょっとさびしい会話をず〜っとしながら歩いた。

        残り、三人は車道へと回って、「去川の大イチョウ」へと向かった。


        【去川の大イチョウに向かう農道から小学校を撮影】

        みやざきの巨樹百選
        黄葉の頃のイチョウ【PhotoMiyazakiから転用】


        案内啓示の説明には、
        国指定天然記念物去川のイチョウ
         指定年月日 昭和10年12月24日

        【葉っぱを落として、イチョウは空に突き上げるように伸びていた】

        このイチョウは、この去川のイチョウは、島津藩主初代忠久公
        (1179〜1227年)が当時、薩摩街道であったこの地に植えられたものと
        伝えられています。
        この事から推定しますと、樹齢は約800年と考えられます。
        幹の周囲約10m,高さ41m、枝張りha東に約10.3m、西に13.0m、
        南に約10.2m、北に約16.1mあります。
        幹は、空に向かって大きくのびており、太い枝が少ないのが、
        このイチョウの特徴で、秋には多くの実をつけます。
        宮崎市教育委員会
        ・・・とあった。
        目通り幹囲は11.2m(九州一)の雌株のイチョウだ。
        黄葉の時期にはライトアップをやっていることが新聞記事となっていた。


        【見上げると歴史を偲ばせる】

        宮崎市西部に位置する高岡町去川は、天正年間(1573-1591)から
        約300年の間、薩摩藩の三街道の一つ、薩摩街道(高岡筋)の関所
        として栄えたところだ。

        【幹の途中に宿り木は青々と茂っている】

        乗り合わせた三人に並んでもらって記念撮影した。

        【とにかく大きなイチョウだ】

        年末のお墓参りをした際に近くに牛舎があって、ごあいさつに。
        「今年一年をお守りいただきありがとうございました」
        「モ〜終わりかよ〜♪  さらばじゃ!」



        | 風景・情景 | 11:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        えっ? もう春?
        0
          年末近しで、掃除をしなきゃね。
          家の中は片付かないけれど、せめて共有私道はきれいにね。



          ふと、お隣さんの庭を見ると、
          かねては、車が停まっているのだけれど
          スミレの花が咲いているのに気づいてしまった。

          春なのですね。
          冬至を過ぎたら春なのですよ。
          スミレの花が、それを教えてくれています。



          そうはいっても、カメラを構えた矢先、ワンコがわんわん♪
          尾っぽフリフリ・・・わんわんのワン

          | 風景・情景 | 01:01 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
          わぉ〜サム〜!
          0
            19日は寒かった。
            とにかく寒かった。
            日帰りで熊本市内へ出かけたのだが・・・
            止むなく宿泊することとなるのだ。
            なぜかって・・?
            それは次回のココロだぁ〜なのだが・・・。

            年末になって見る雪だ。
            霧島の高千穂の峯が冠雪しているのを車中から眺める。
            きれいなものだ。
            この峰から拝む日の出は神々しく美しい。
            坂本龍馬と妻おりょうが、日本で初めての新婚旅行でこの峯を訪れた際、
            峰にある「天の逆鉾」を妻と二人で引きぬいたそうだ。



            上の写真は、都城ICを過ぎたあたりであり、
            小林ICを過ぎると、甑岳と硫黄山の後方に韓国岳が雪雲にかすんでいた。



            九州自動車道の加久藤トンネル入口だ。
            宮崎県えびの市。
            その入口手前に雪がうっすらと積もっていた。
            トンネル中央の先あたり、出口に近い方に県境がある。
            トンネル壁面に県境の表示があったようだが撮影に失敗してしまった。
            日本の高速道路ンネルとして、第6位の長さを誇るトンネル。



            トンネルを抜けると、熊本県人吉市の山々にも雪が積もっていた。

            | 風景・情景 | 22:20 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
            リニアモーターカー
            0
              一昨日、日向市へ向かう時に、国道10号線の混雑を避け、
              一般県道の宮崎県道302号高鍋美々津線を進行した。
              ここに日向灘に沿う、日豊本線美々津〜都農間の線路に並行して7.0kmの
              高架線がある。これが宮崎で行われていたリニア実験線の跡だ。

              1977年から、宮崎で次世代超高速鉄道の実験が行われていた。
              1979年12月には、無人で517km/hの世界最高記録を樹立。
              1986年には3両編成で352.4km/hを達成。
              1987年には無人の2両編成で405.3km/h、
              有人では400.8km/hの最高速度を達成。
              しかし、1988年、当時の石原慎太郎運輸大臣が宮崎実験線を視察して、
              「豚小屋と鳥小屋を結ぶ線」と発言した。←反発が強かったのだが…。
              翌89年、宮崎実験線での側線進入試験、分岐装置の性能確認、
              分岐装置の転換耐久性試験による初期故障の抽出、
              信頼性の評価があったとし、所期目的を達成したとされた。
              これにより、中央新幹線の路盤施設に転用が可能だとして、
              山梨県への実験線移転が決定した。
              1990年、山梨実験線が工事着工、現在リニア実験は山梨で行われている。

              宮崎でのリニアモーターカーへの期待は消え、
              1996年に走行試験が終了し、宮崎実験線は廃墟化した実験施設跡となった。






              そして、今年4月9日。
              宮崎県庁において、元リニアモーター宮崎実験線を利用した
              「メガソーラー事業」に関する協定が東京の会社と交わされた。
              リニアモーターカーが走ったレール跡に、
              ソーラーパネルを並べるらしい。

              計画は、元リニア実験線上の約5Kmに太陽光発電パネルを並べるという。
              年間120万KW/h(一般家庭300軒分)を売電するという。
              総工費7億円で来年度に本格着工、2011年度の事業化を目指している。

              ここは、海岸に近く田んぼが広がっており、実験線より高い建築物はない。
              日向というくらいだから、日当たりが抜群に良い。
              日照時間の比較で宮崎県宮崎市は、
              1971〜2000年の30年間の平年値において、全国3位(2099.3時間)だ。
              ちなみに1位は甲府市(2128.7時間)、2位は高知市(2120.1時間)
              2008年では、主として都道府県庁所在地の数値で、山梨(2224.7時間)、
              高知(2182.7時間)、宮崎(2143.7時間)で、全国平均1925.3時間。
              こうみると、全国屈指の多照県だ。せっかくの施設を無駄にはできまい。

              宮崎でのリニアモーターカー営業運転の夢は消えた。
              しかし、新たな夢の実現の機会がやって来た。
              環境問題対策の「クリーンエネルギー」基地だ。
              はばたけ、宮崎から日本全国へ。世界へ。
              「宮崎をどげんかせんといかん!」とです。
              | 風景・情景 | 18:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              ふたご座流星群
              0
                観ることができたか? ふたご座流星群。
                今年の活動のピークは12月14日の14時ごろと予想されていたのだが ...
                昼間だから観えないだろうと思いつつも天を見上げる。

                すると・・・どうだ!
                一筋の流星?




                追いかけるように二筋目の流星?
                ふたごの流星か??




                なんと、横から三筋目の流星?
                動きが変だよな・・・!
                流れるといったら、あれじゃ速度が遅い。
                『未来からきた少年 スーパージェッター』の“流星号”か?
                なぁ〜んて、昔のアニメを思いだしてしまった。




                先の二筋の間をぬって、三筋目がぐんぐん離れて行く。
                謎の物体〜〜?
                撮ったのは、日向市に出かけての宮崎市内への帰り道。
                国道10号線走行中の車から撮影したものだ。



                近くに「新田原基地」があるのだが、そちらへの着陸態勢ではなさそうだ。
                鹿屋方面への二機と、横断したのはJALかANAかなと???
                まさに流星号ごときであった。



                | 風景・情景 | 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                気分転換
                0
                  晴れた天気に家で籠っているのは、うっとうしい。
                  カメラだけをウエストバッグに入れて、自転車お出かけ。
                  目当ては、阿波岐原森林公園の一角を占める、「宮崎市民の森」周辺。
                   
                  自転車の速度は時速20kmペース
                  向かい風になるとペースダウン

                  市民の森の広場では、ファミリーでボール遊びに興じていたよ。
                  屈託もなく遊べるっていいよね。
                  車椅子利用も方もよく見かける場所だ。



                  その様子を遠くから眺めながらの日向ぼっこ。
                  おじいちゃんとお孫さんみたい。
                  なかよしお散歩中だったかな。
                  この公園、ワンコ散歩やジョギングの方も多い。



                  市民の森には、多くの東屋やベンチが設置してある。
                  歩き回るには数時間はかかるだろうから、ほどよい場所で休憩ができる。
                  今日は、土曜日の午後だったので利用者が少ないようだ。
                  今時分からは、休憩するには寒いかな。



                  ここは、御池(みそぎ池)。
                  日本の古代神話に登場する神々がたくさん生まれたところです。
                  約2千本のスイレンが咲きます。品種はセントルイス
                  見ごろは4月中旬〜6月なのです。



                  道は舗装されているので、自転車が一番です。
                  「シーガイヤ コテージ ヒムカ」横の「サンビーチ 一ツ葉」への遊歩道
                  クロマツ砂防林の一帯になります。
                  ここまで来たのは、「みかん」を見るため(次回に掲載)だったのですが、



                  砂防林の中にも遊歩道が整備されていて、利用者が多いのです。
                  もちろん、東屋も設置されています。
                  その遊歩道をスイスイと走りまして、前を走っていた方を追い越し、
                  一般道に戻ったのでした。
                  振り返りますと、先ほど追い越した方がやって来ましたよ。
                  お〜ぉ! 「美」
                  いくらなんでも、ヘルメットをした自転車乗りに声をかけられりゃ、
                  ビックリされるでしょうからね。
                  ちょいと、後ろ姿をサザンカを背景に撮ってしまったよ。

                  | 風景・情景 | 17:08 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
                  夕暮れ時
                  0
                    17時過ぎになって出かけた所は、
                    市町村合併によって宮崎郡から宮崎市となった、佐土原町。
                    インターネットの環境整備のために依頼があって出かけたのだった。
                    「光」を申請をしても、なかなか引いてくれないという。
                    計画中との回答はあっても、いつの計画なのかは「わからない」だと。
                    いい加減だよな!
                    Nの会社だ。商工会を通じても依頼するも駄目。
                    CMでは「光」にしませんかと大々的にやっているにもかかわらず、
                    申し込むと「順番がありますから」と、無責任極まりない。
                    やってることは、親方日の丸だよ!

                    訪問した時は、雲が出てきたようで・・・
                    帰る時は、心配していた通り・・雨になっていた。



                    訪問先の庭に咲いていた、「ヒイラギ」の花。
                    モクセイの仲間というので、花には香りがある。
                    和名の疼木(ひいらぎ)とは、葉のトゲが鋭いので,ひらぐ(痛む)の意味とのこと。厄除けに用いる木なんだ。
                    ただし、クリスマスの飾りに使われているのは、これではなくて、
                    モチノキ科の真っ赤な実をつける「セイヨウヒイラギ」なんだね。



                    | 風景・情景 | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    日暮れ
                    0
                      宮崎市役所に17時前に駆け込んだよ。
                      手続きをするためにね。
                      終了時刻は、17時15分なのだから、慌てたね。

                      手続きを終えて役所を出た時に、終業を知らせるチャイムが鳴った。
                      駐車場のある裏口から入退出したのだった。

                      車に向かう時み見かけた植物。
                      建物に張ってある紐を這いあがっているのは「ブーゲンビリア」
                      他の所でも、ずいぶん大きくなっていた。



                      大淀川の向こうに陽が沈み、今日も仕事の業績がないまま終わる。
                      明日は良い日になぁ〜れ!



                      | 風景・情景 | 00:50 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |