RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

IL moon の写楽

<< 海も本番に向けて | main | あご乗せ >>
護る
0
    先日、ひょいとつけたTVで流れていたのは、「高鍋大師」です。
    以前に知人から聞いていたのに、TVで見るまでは関心がなかった。
    単に話で聞くのと、TVの解説付きで見るのとでは大違い。
    ならばと、一見にしかず。向かったのが高鍋町の台地。
    車の離合さえ困難な狭い道を登って行くと、
    台地のそこらに「古墳」が散在していているのです。
    「持田古墳群」で、国指定史跡となっていて、
    4世紀から6世紀にかけて作られた85基の古墳だという。
    この台地上に前方後円墳9基、円墳66基があり、私有地の畑中にあります。




    クリックで拡大⇒

    さらに、枯葉の舞い落ちた狭い道を進むと、
    国道から見えていた「石像」が台地の一角でそびえていました。








     ←クリックで拡大

    これらが「高鍋大師」です。






    クリックで拡大⇒
    石像は観音像や神話の神々をはじめ、個性豊かな大小約700体です。





     ←クリックで拡大
    微笑ましいですよね。










    クリックで拡大⇒
    こちらには、亀さんですよ。








     ←クリックで拡大
    それに、水戸黄門ご一行様・・
    ユニークです。








     クリックで拡大⇒

    7メートル級の巨像九体が、
    見る者を圧倒します。
    石像群を制作したのは故岩岡保吉氏。
    香川県から移住し1933(昭和8)年に開山され、素人が半生を懸けて彫り上げられた作品群です。
    古墳での盗掘に心を痛めた岩岡氏が、古代人の霊を慰めようと作られたのです。
    台地の上から高鍋の町に向かって立っている十二面薬師。背後の丘も古墳です。

    その十二面薬師を下から見上げると、お月さまが明るくなって来ていましたよ。
    夕方になりつつある「高鍋大師」でした。

    | 風景・情景 | 15:01 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
    >>まめちろさん 思いを貫き通すとは並ではないですね。
    我のためにだけの目的では果たせないのかもしれません。
    すばらしい偉業だと感じますよ。
    | ILmoon | 2010/02/25 9:07 AM |

    >> namazu_5757さん 毎日更新はタマタマでありまして、
    続けばいいのですけれどね・・・。さぁ〜どうだろう。
    ところで、昨夜は眠れましたか?
    夢は、微笑みのイメージだったでしょうか?
    | ILmoon | 2010/02/25 8:56 AM |

    それぞれ個性的な顔をしてますね(^^)たった一人で(しかもご高齢で・・・)700体も造り上げたのは古代人の霊を慰めようとする一心からなのでしょうね。
    | まめちろ | 2010/02/24 9:34 PM |

    毎日更新されているんですね〜すごいです。
    この石造群!モアイもびっくりってかんじの個性が弾けていますね〜
    眼に焼き付いて、今晩夢にまで出て来そうなくらいのインパクトです。
    珍しい光景をありがとうございます。
    | namazu_5757 | 2010/02/24 8:55 PM |

    >>ひーさん あ〜ら見てたのね〜♪
    全国放送の番組だったのですね。
    観光客が増えた方がいいのやら? どうなのかな。
    荒らされたくはないですしね。
    思いが伝われば良いのですが。
    | ILmoon | 2010/02/24 6:46 PM |

    私もテレビ見ましたよ。
    柔らかく加工しやすい石の様ですが
    凄いですよね。
    感心しました。
    | ひー | 2010/02/24 6:21 PM |

    >>蛙太郎さん 使命なのでしょう。
    思いが込められているのですね。
    失礼ながら、石像パークみたいでしたが、
    それぞれの石像には、「七十五才のさく」とか
    「八十才のさく」というように彫られていました。
    | ILmoon | 2010/02/24 5:41 PM |

    素人さんがこれだけ雄大な像ををほりあげて いらっしゃるのですね。
    凄い情熱です。自分がやらねばと言う使命感に感動します。
    | 蛙太郎 | 2010/02/24 6:40 AM |










    http://blog.gold-smile.com/trackback/1354876