RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

IL moon の写楽

<< ワンコ入浴・・ | main | 回転翼機 >>
秋の営み
0
    ご先祖さま方にご無礼があってはならじと、実家のお墓参り。
    墓参りを終えての、実家帰宅。
    門の所から庭にかけて、白色花が咲き誇っていた。
    この季節、秋になると毎年満開になる花である。



    シュウメイギク(秋明菊)  
    キンポウゲ科の多年草で花柄の先にキクに似た花をつける。
    赤紫色もあるようだが実家に咲くのはは白色だけである。
    この花、調べたら中国原産だとわかる。根強く野生化した根強い植物だ。
    特に京都の貴船山に多いところから、
    別名:キセンギク(貴船菊)、キブネギク(貴船菊)との名があるようだ。



    白く見えるのは花ではなく、萼なのだそうだ。
    花(萼)が散った後に黄色くて丸いものが残る。




    「菊」の名がついているのに、キンポウゲ科の「シュウメイギク」と異なり
    夏から秋まで咲いて、ほんとうに百日は咲いていそうな「キク科」の一年草
    ヒャクニチソウ(百日草)
    別名:ジニアともいうんだね。
    メキシコ原産なのだそうだ。



    こちらは、冬に咲く花
    蕾が徐々に膨らんで来ているみたい。
    ツバキ科の「サザンカ(山茶花)」だ。
    “山の茶の花”と書いて・・ナゼにサザンカ ?
    山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれるけれど。
    れっきとした、日本原産らしい。



    半袖から長袖への衣替えの時季・・
    これからますます沢山の花々を楽しめそうである。
    | | 12:39 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    ◎蛙太郎さん 「秋明菊」復活なのですね〜♪ 
    有難い花です。
    地下茎からランナーが伸びてその先に子株ができる、
    繁殖力が旺盛な植物です。
    乾燥を嫌う以外は肥料もいらないようですし・・・。
    花言葉をみてみると、
    「忍耐」「薄れゆく愛」「多感なとき」等とあります。
    う〜ん? 花言葉って花の特徴や性質から意味を持たせているのでしょうが、国や地方によって異なるので、こだわる必要はないですね。
    | ILmoon | 2009/10/20 10:14 AM |

    シュウメイギクが綺麗ですね。
    昔一度植えたことがありますが、絶滅。
    昨年 改めて植えたのが今年は元気に咲いています。これで我が家もシュウメイギクの定着です。
    ご実家にシュウメイギクがたくさんありそうですね。
    帰省する楽しみの一つでしょう。
    | 蛙太郎 | 2009/10/20 4:49 AM |

    ◎tet5さん >また1年が終わっていこうとしているのですね〜・・・。
    繰り返される自然の営みの中で・・・
    はて、自分はどうだったのかって??? 反省しきりですよ。
    今年も残す2か月ちょっと!
    まだ、2か月あるって考えようかな〜♪
    | ILmoon | 2009/10/20 1:37 AM |

    ◎ろくさん きわだって手入れをしているのではないけれど
    毎年増えているのよね。
    今年は、5〜6株が大きく育っていましたよ。
    | ILmoon | 2009/10/20 1:32 AM |

    白くて可愛い、清楚ま花に見えますが生命力が旺盛なんですね。
    おー、山茶花。あなたが咲く頃には
    また1年が終わっていこうとしているのですね〜・・・。
    | tet5 | 2009/10/19 10:23 PM |

    わぁ!!!

    ご立派。この前京都で見た秋明菊もこんなにたくさん咲いてませんでした・・・
    | ろく | 2009/10/19 8:42 PM |










    トラックバック機能は終了しました。