RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

IL moon の写楽

生きてたね
0
    昨年、鉢に種を埋め込んで発芽し、20センチ伸びた。
    庭に置きっぱなして、時折水をあげていたくらい。
    冬の間は葉っぱを落とし、枯れていたようになっていた。

    そして、今年。
    春の訪れを感知したのですね。
    あなたもスゴイ! 
    私など、寒いとか、温かいとか、
    光がまぶしいとか、どうだとかは分かっても、
    春だからといって元気に成長するでもなし。
    逆に年ごとに、背が縮んでいるようでもある。f(^^;) カキカキ

    草木や鳥さんの姿で、春の到来を喜ぶのである。

    | 植物 | 13:43 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    陽光が射しまして
    0
      お久しぶりの お陽様。
      こんにちは。
      マツこと数日ぶりです。長雨にクロ〜します。「クロマツ」
      クロマツの花ですよ。


      クロマツは乾燥や潮風に強いので、海岸に多い二葉松です。
      枝や葉がアカマツより太く男性的で、オマツ(雄松)と呼ばれるようです。
      家庭では盆栽で育てられているし、門松として使われていますね。
      でもね手入れが悪いと、無様な格好になりますよ。
      我家のクロマツも可哀そうです。
      シュートの根元付近に雄花ができて、
      勢いのあるシュートの先端に雌花がつく。


      ツツジも陽射しに嬉しそうだ。


      椿もまだまだ蕾が残っているよ。
      ワンコも久々に狭い庭を走り回っています。
      郵便配達人さんに吠えてみたりしてね。
      内弁慶ならぬ内犬なもので、珍しがっているみたい。


      | 植物 | 11:53 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
      水滴
      0
        あめからのあめ(天からの雨)
        ヽ`、ヽ`个o(・_・。)`ヽ、`ヽ、昨日 そして 今日 :::( ^^)T :::
        来客との打ち合わせで昨日が終わり
        今日も来客予定
        営業に出なくちゃ〜そう思いつつも・・・
        空を見上げる。
        庭木の葉っぱに水滴が溜まる


        咲き始めたツツジも雨の中

        | 植物 | 10:24 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
        夕暮れ時
        0
          野草を撮影するために出かけたいのだけれど、
          世間では三日連休というのに、
          自営業というか、自由業というものは、目途の立たない事をやっている。
          時間だけ費やしてしまって、食事も不規則極まりない。

          昨日は、休憩したのは18時過ぎ。気分転換のつもりで、
          めぼしいものはないかと、サンダル履いて我が家から30m内外をふらり。
          日は確かに長くなってきた。
          二階のベランダに「アケビ」が植えてあるお宅に狙いを定める。
          ベランダのフェンスに、つるを絡ませながら広がっていて、
          沢山の花を咲かせていた。



          4軒先の庭には、「羽衣ジャスミン」(もくせい科)だ。
          通常の開花期が5月上旬とか。
          恋人にもらった、この花の髪飾りは愛の証とか・・。
          う〜ん! プレゼントしたことないよなぁ〜♪

          てっぺんまでは4mを越える程の高さだし、花一輪は3m程の所。
          200-300mmのMACRO撮影となった。


          我家の庭では、塀をはみ出して梅の枝が伸びている。
          その枝に、小梅がちらほらついている。


          陽射しを浴びている花々を撮りたいのだが、夕暮れ時ではしかたない。
          それに、就寝したのは今朝04時。
          起床が8時半。朝から曇り空。10時過ぎには雨に変わった。
          | 植物 | 10:40 | comments(5) | trackbacks(1) | - | - |
          またしても夕暮れ
          0
            天気が良かったのです。
            快晴で、あちこちで花がきれいだろうなと想いつつも、外出せず。
            TVロ−カルニュースで、桜祭りの話題。
            ボソボソと室内で時間を費やすみじめさよ・・・って感じ。
            そこで、庭の木々を見て、春の息吹を注入せざるを得なかったのです。

            昨年に種を植えて発芽したイチョウが二年目の若葉を出してきた。
            鉢植えなのだけれど、今年も成長して欲しいものだ。


            ツツジも蕾を膨らませてきている。
            しばらくすると、生垣のツツジが賑やかになるだろう。


            昨年の3月26日にも同じ「アラカシ」の新芽をUPしているのだが、
            今年も新芽を出してくれたよ。
            暦を見ているのではないのに、きちんと春をキャッチしている。
            人は植物に季節を教わると言った方が正しのだろう。
            太陽や月や空気や水に暦をきっちりとキャッチしている植物はすばらしい。
            寒いの暑いのどうのこうのと言って、季節を感じてる人間とは違う。
            昼と夜の時間だって、植物はまとも過ごしている。

            | 植物 | 19:40 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
            花のあとさき
            0
              ひゃ〜っ 全国的に寒かったという10日
              日本の北方面は、まだまだ寒いようですね。
              ここ宮崎の11日は快晴うらら。
              自転車日和。
              出かけたのは公園めぐり。
              梅園では梅がなっていましたよ。


              看板がありまして、「梅はとらないでください」だと。
              「撮るのもダメ?」


              「みそぎ池」=「御池」に行きますと、
              睡蓮の蕾はまだまだのようで・・・
              水面の葉っぱがわずかに風で揺れていました。
              時折、ガサッと揺れる睡蓮も・・。
              目を凝らすと、鯉が泳いでいたのに気づきましよ。


              池の縁上で伸びてきた葉っぱは、
              「はなしょうぶ」
              5月〜6月が花時季なので、スクスク育ってほしい。


              「阿波岐原森林公園遊歩道」は、サイクリングや自然散策が楽しめます。
              臨海公園先端までの距離は全長5.5km程かな。(自転車のメーターで)
              そんな歩道の一角に、紅く咲く花・・ひときわ目立っていましたよ。
              「ヤブツバキ」かな?
              「ヤブツバキ」だったら、雄しべが合着して筒ようだし、
              花弁が平開しないというのですが・・・。
              しっかりと監察しておけばよかった〜〜!


              これは別のツバキの樹だけれど、
              地上にはポタポタと一面に花を落としていました。
              ジョギングやウォーキングの愛好者がこの場所を好むのが分かります。
              | 植物 | 09:57 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              春とともに(4)
              0
                アオクサカメムシ」がいた、
                カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)」
                マメ科ソラマメ属です。
                巻きひげを出して、
                他の植物やそこらのものに絡んで伸びるのです。
                赤紫色の蝶形花がぼんやり写っているでしょう。
                それに、さやの果実(豆果)がなっていました。
                そうそう、緊急時の食糧としては、
                つる先の柔らかいところを、生のまま炒め物や天ぷら・・・、
                さっとお湯に通しておひたし・・・。
                他にも料理法があるかもね。




                田植えの準備にはいり、耕され水がはられた田んぼの畦道。
                こちらでも、「カラスノエンドウ」が生えていて、隣に、
                黄色い花の「ジシバリ(イワニガナ)」が咲いています。
                日当りのよい所にあちこちに咲いています。
                キク科 ニガナ属 これって確かにニガイのです。
                健胃薬として用いられるほか、
                腎臓病や脚気のむくみを取るのにも有効だそうですよ





                自転車ではなく、徒歩での散策なので
                アレコレ鮮やか色が飛びこんできます。
                歩道脇で、
                こぼれるほどに真っ白な花をいっぱい咲かせていましたよ。
                バラ科シモツケ属の「ゆきやなぎ (雪柳) 」
                「コゴメバナ(小米花)」とも呼ばれるのですね。





                我家の近くに帰って来ると、
                柵からはみ出すかのように、斑点のついた花を見つけました。
                我家の庭は1〜2本あるのですが、
                ここのお宅はかなりの本数です。
                ユリ科のユリズイセン属「ゆりずいせん」という名だけれど、昭和初期の渡来帰化植物なんですね。
                「アルストロメリア」といって、
                地震・津波のあったチリを中心に分布しているらしい。





                他人様の庭を眺めて、カメラを向けるのは気が引けるので、
                道に面していたり、家の方からは見えそうにない所を撮っています。
                わざわざ、お許しをいただいたうえで、庭の中を撮ることは、めったにありませんね。
                ツツジ科ツツジ属の「シャクナゲ」です。
                品種名は分かりませんが・・・。
                だいぶんと蕾が膨らんできましたよ。


                | 植物 | 09:36 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                萌える花&芽
                0
                  法要といえば、一年忌の次は三回忌のようだけれど、
                  親父が亡くなって二年になるので、お寺での法要に行き
                  お墓参りをしたのでした。
                  二年前の三月二日、この日も晴れた良い天気でしたよ。
                  庭には花がいっぱい咲いていましたね。

                  今年も、実家の庭には花や新芽が萌えていました。
                  「ジンチョウゲ(沈丁花)」が咲き、


                  「ボケ」も咲き、
                  この木は私が小学生のときにうえたものだから、樹齢からすると50年程かな。


                  白色の「ボケ」も綺麗だ。
                  ボケはサ試技でも増えるから、枝を剪定した後は挿し木にして、
                  近所の方にあげている。


                  大きく育った木になってしまって、撮るときトゲが刺さり、
                  痛い思いしての写真になってしまった。


                  「ヒサカキ」(ツバキ科)も花が開いています。
                  放置しておくと、ズンズンと徒長してしまって
                  剪定には大きな脚立が必要なのです。
                  バッサリと切ってしまいたいのだけれど、
                  「サカキ」の代用品として枝が欲しい方に取ってもらっています。


                  こちらも大きくなる「アジサイ」なのですが、
                  手が届く高さに剪定しているので、程良い大きさではあります。
                  剪定した枝の脇から新芽が開き、
                  春の陽射しを浴びようと伸び始めました。


                  庭木の下の陰には、シダの仲間のタセンシダ科「オオタニワタリ」が
                  新しい葉っぱが丸まっています。
                  新芽は食用にされるとも図鑑に紹介されてしましたが、どうでしょう?
                  ワラビとかゼンマイみたいな料理法になるのでしょうかね。
                  う〜ん・・・食糧難に備えての保存食になるかな?
                  試してみるには、まだ至りませんが・・・。
                  | 植物 | 10:18 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                  雨が降って風が吹いて
                  0
                    雨降りが続くね
                    晴れ間があったのは 二週間のうち二日はあったかな
                    病院帰りに 遠回りをして 寄ってみた空き地
                    もう薄暗くなって 何の花が咲いているのか 白い花
                    シロツメクサだ クローバーだよ マメ科だよね
                    あ、そうだ 先月は別の公園でも見かけたな
                    そういえば 若葉や花は和え物などの食材になるし
                    開花時の全草を天日乾燥させて煎じれば ストレス性疾患に薬効ありとか
                    ここにも 非常時の食糧基地を発見したよ


                    さわっと風の吐息を感じて 振り返ると
                    離れた所の梅の樹から ふわふわと白い花びら舞っている
                    地面に落ちてしまった 花一ひら拾ってみたよ
                    こちらにも あちらにも 小さな花びら 拾いきれそうにない


                      
                    | 植物 | 00:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    青空が欲しいけれど
                    0
                      朝方に太陽が上って来ていたのに、
                      曇り空
                      それでも、春の空気を求めて散歩に出かける

                      どんよりの空だけれど、白梅が満開だ。
                      我が家から徒歩数分の空き地に大きな梅の樹
                      グランドゴルフの練習場にもなっている空き地だけれど
                      実がなったら、どなたが収穫されるのかな・・・
                      要らぬ心配だね・・・


                      しばらく歩くろ、庭から道路へせり出すように、
                      「コブシ」?{ハクモクレン」?ホンワカと蕾を開き始めている。
                      ●葉っぱが出ていれば区別できるのだけれど
                      (花の付け根に一枚の葉っぱが、あれば・・・コブシ)
                      ●花が開いてくれば区別できるのだけれど
                      (「ハクモクレン」は九枚の花弁に見える=花弁六枚+白色の萼片三枚で、まとまりがあるみたい。 
                      「コブシ」の方は、花弁六枚でまとまりなくバラバラと開いているようです。)
                      ●蕾や花の大きさで比較すると、モクレンの方が大きいかな。

                      ・・・トトトト、なると、この花ってなぁ〜に?

                      では、最後の切り札、
                      ●蕾がどちらを向いてるなかってこと。
                      「ハクモクレン」は、全部の蕾(花の芽)が上を向いているんだね。
                      「コブシ」は、枝に対して横向きだったり下向きだったり・・。


                      ということは・・・
                      「ハクモクレン」ということにしておきましょう。


                      「ハクモクレン」も香りがするのだろうなぁ〜と想いつつ、
                      狭い道に入って行くと、家と家との間に畑があって
                      白い花を発見 
                      マメ科の作物ですね。


                      「スナックエンドウ」だろうなと判断しましたよ。
                      キヌサヤじゃないしね・・・。


                      あらら、今回の花々はでしたわ!
                      | 植物 | 00:04 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |